ながら運転まとめ | 該当する行為と罰則について解説

【2019年版】ながら運転まとめ | 該当する行為と罰則について解説

2019.12.12 / 最終更新:

お車をお持ちの方であれば、運転中に電話やLINE等で連絡が来たという経験があるのではないでしょうか。どんなに大切な連絡であっても、運転中のスマホは厳禁です。最近は罰則が強化されており、捕まると一発で免許が停止してしまう恐れがあります。今回はそんな「ながら運転に該当する行為と罰則」について紹介いたします。

ながら運転について

運転中のカーナビ注視や、スマホ・携帯電話の使用による事故の件数は、平成20年は約1300件だったのが、平成30年には約2800件とここ10年で倍以上に増えています。さらに、携帯電話等を使用した事による事故は携帯電話等を使用しないで起きた事故と比べると、ブレーキやハンドル操作が遅れたりする可能性が高く、死亡事故率も約2.1倍になると言われています。

そんな「ながら運転」が道路交通法の改正により、2019年12月1日から厳罰化されました。それまで1点だった違反点数が3点となり、反則金も6,000円だったのが18,000円と違反点数も反則金も3倍になったのです。

ながら運転で事故を起こしたら

事故した車

ながら運転を行って事故を起こしてしまうと、最大で1年の懲役+30万円以下の罰金が科せられます。また、保持しているだけの場合であっても、改正前は「5万円以下の罰金」であったのが、改正後は「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑が新たに追加され、厳罰化となりました。違反点数も6点となり、前歴の無い方でも一発で免停になります

ながら運転に該当する行為とは?

そもそもこの「ながら運転」とはどういった物が当てはまるのでしょうか?ながら運転に該当する行為は、主に「画面の注視」と「通話」です。通話は手で機器を持たず(ハンズフリー)行う場合は対象外となりますが、手で機器を扱う場合はながら運転に該当します。

お化粧や食事はながら運転になる?

では、「画面の注視」と「通話」には当てはまらない運転中のお化粧や食事はながら運転になるのでしょうか?こちらは今回厳罰化されたながら運転には当てはまりませんが、道路交通法の安全運転義務違反に該当する可能性が高いです。もし違反にならなかったとしても運転中はきちんと運転に集中し、安全に配慮した運転を心がけましょう。

画面の注視って何?

注視とは、よくテレビなどでは2秒以上から注視と言われたりしますが、具体的には定義付けされておらず、取り締まりを行う警察官による判断となります。また、画面とは、携帯電話やスマホの画面、カーナビの画面等が該当します。

画面の注視は、通話とは異なり機器を手で持っているかどうかは関係無く、スマホホルダーに固定したスマホの画面を注視する事も違反となります。

信号待ちの時はどうなる?

信号待ちの場合はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。ながら「運転」ですから、基本的に信号待ちは違反にはなりません。ですが、信号待ちだからと言って携帯やナビの操作等に夢中になってはいけません。信号が変わったことに気付かずに周囲の方に迷惑をかけてしまうだけでなく、それが原因で事故が起きてしまう事もあります。車に乗って道路に出ている時は、どんな時でも注意が必要です。携帯やナビの操作を行いたい時は、車を安全な場所に停めてから行いましょう。

ながら運転まとめ

ながら運転に該当しない例

  • 手で機器を持たない(ハンズフリー)通話は対象外
  • 信号待ちの間は対象外

罰則を受ける例

  • 主に「画面の注視」と「通話」
  • お化粧や食事は対象外だが「安全運転義務違反」になる恐れあり
  • 手に持っていなくても画面を注視すると違反

コメントを残す

コンタクト

    利用条約の同意 ※必須

    「プライバシーポリシー」を送信前にご確認ください。

    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.